赤帽の伝票

赤帽いろはカーゴの使っている伝票と、記入事項

赤帽の伝票

1.運賃支払い主・当店に運賃をお支払いになる御会社(個人の方)
2.依頼主・直接当店にご依頼される御会社およびご担当者
3.発地・荷物を積む場所、又は住所
4.着地・荷物を届ける場所、住所、ご担当者、現場の場合携帯電話番号など
5.品名・荷扱いや運転に特に配慮をするため必ずお教え下さい。
6.個数・荷物の個数。(数え辛い時、お引越し荷物一式などと書くこともあります)
7.作業時間・時間貸切作業の時は必ず記入する項目です。
8.備考・特に連絡しておきたい事項があったとき記入します。
9.貨物実車・距離制運賃契約のとき、ここに距離と金額を記入します。
10.時間貸切・時間貸切制運賃契約のとき、ここに時間と金額を記入します。
11.待ち時間・待時間料金が発生したとき、ここに時間と金額を記入します。
12.荷扱料・荷扱料は距離制運賃の時、荷扱時間45分までを1回。以降15分単位で金額を記入。
13.深夜割増・深夜割増料金が発生した時、ここに時間と金額を記入します。
14.車両留置・車両留置があった時、日数と料金をここに記入します。
15.回送料・回送料は時間貸切制運賃や引越しの時、請求する場合があります。
16.オーバー距離・オーバー距離料金は時間貸切制運賃で実際に走った場合に発生する場合があり、ここに距離と金額を記入します。
17.立替運賃・高速道路通行料や駐車料金、ハンドキャリー時の電車やタクシー料金、代行運転時のガソリン代など。
18.請求金額の合計。赤帽の料金はすべて消費税込みです。
(注)通常はここに直接、受領印やサインをいただきます。