赤帽の時間貸切制運賃

時間貸切制運賃

1時間につき10Kmの走行付きで料金計算します。家具を運んで行って組み立てたり、家電品を運んで行って設置、設定したり。数カ所のお店に配達したりと各種作業を伴う場合や宅配などで採用しています。
 2時間、20kmまでが基本料金4,860円で以降30分毎に1,350円加算していきます。

オーバー距離

時間貸切制運賃では1時間につき10kmの走行付きですが、それ以上走行すると「オーバー距離料金」が発生します。例えば3時間の時間貸切作業を終えた時、45km走行していたとすると30kmまでは付帯していた距離なので残り15kmがオーバー距離となります。この例では3時間ですから最初の2時間は4,860円あと1時間(30分×2)は1,350円×2=2,700円、オーバー距離15kmは3,240
4,860+2,700+3,240=10,800円がこの作業の料金でした。
時間貸切制は少し分りにくいので、詳しくはお問い合わせください。
料金表はここをクリックして下さい。時間貸切制料金表

深夜割増運賃  午後10時〜午前5時までは3割増。(時間貸切制の場合)

作業時間が上記の時間帯に当てはまる時適用します。
例えば午後8時に作業開始し、同12時に終了した場合
8時から10時までは通常料金で、2時間までの基本料金は4,860円。
10時から12時までの2時間は深夜割増運賃なので1,350円×4 (30分4回分)×1.3=7,020円
4,860+7,020=11,880円がこの作業の料金でした。

車両留め置き料

時間貸切制においても、荷物を受け取った翌日、または翌々日に納品作業をする場合、
1日あたり3,800円請求します。

回送料金

時間貸切契約で、名古屋市外からスタートするような場合(たとえば豊橋市や岐阜市などで・・・)、
回送料金を請求する場合があります。

ハンドキャリー

人間が運べる荷物に限りますが、電車(まれに飛行機)で荷物をお届けするのをハンドキャリーと呼んでいます。料金は時間貸切運賃で、スタートしてから戻ってくるまでの時間で請求いたします。途中でかかる費用はすべて請求します。たとえば東京の町田市まで荷物を届ける場合・・・荷物を受け取り、車を最寄の電車の駅近くの駐車場に入れます。新幹線、在来線に乗り町田で降り、タクシーに乗ります。荷物をお渡ししたら再びタクシーに乗り、在来線、新幹線に乗り車を止めた駅まで戻ってきます。駐車場の料金を払った時点で終了です。駐車場代、往復の電車代、往復のタクシー代を全部請求いたします。新幹線の停る駅から時間的に近い場所ならば車で行くより到着時間を短縮できる可能性があります。荷物の内容、緊急度、コストなどを総合的に考慮しご用命下さい。(当方でもシミュレーションいたします)

代行運転

お客様の所有する車両で業務を行う場合を代行運転と呼んでいます。ガソリン代、通行料金、駐車場代などすべて請求いたします。たとえば、2トン車などで運送しなければならないが、お客様にも車が無いような場合、レンタカーを使って代行運転をすることもできます。当然レンタル料も請求させて頂きます。スタートしてから戻ってくるまでの時間貸切運賃です。